中学受験をお考えの小学生さん、保護者さんの一番初めの問題となる「塾選び」。
個別指導塾にするか、集団指導塾にするか、それだけでも大きな違いが出てきます。
集団講義塾だと、ライバル同士切磋琢磨し、鉢巻き巻いて汗かきながら勉強する、というような想像をされ、いかにも受験生という雰囲気が漂うかもしれません。
しかし、中学受験の主役であるお子様はまだまだ小学生。自分の力で「出来る・出来ない」を見分け、自分にあった勉強法を見つけるといったことは、とても難しく、また大変時間のかかる問題となってきます。

その点、個別指導塾の代々木では一人ひとりにあった勉強法を見つけ出し、より効果的なアドバイスをすることで、目に見える形での成績アップと共に勉強への取り組み易さを本人に実感してもらえることでしょう。
中学受験で要となるのは「苦手をつぶし」「得意を伸ばす」ことです。個別指導塾ならではのきめ細やかな対応で、どの科目のどの箇所が苦手なのか。また逆にどの科目のどの箇所が得意なのか。それを見極め、伸ばしていくことが出来るのです。
中学受験の道は、親子ともどもに厳しい道となります。代々木では、お子様だけでなく、保護者の方の不安などにも寄り添い、お家と代々木と、二人三脚で合格を目指しています。

7-2.jpg

中学受験は国語の個別指導塾で

代々木近隣での中学受験のための個別指導塾も多く存在をしています。
それだけ、中学校から勉強に力を入れようという思いの表れであると言えますが、ただ、かつての集団指導型の塾よりは教える側と生徒側とがある意味家庭教師並みに接した形で学ぶことができる体制をとるところが増えています。

代々木近隣でこうした形態の個別指導塾が多いのは、やはり将来的に医師を目指すために国公立大学医学部であったり、あるいは法曹専門家弁護士等を目指すためであったり、いろいろな将来を考えた末での選択であることが背景としてあります。
中学受験の段階で勉強をする姿勢や競争のし烈さを経験しておけば、それだけその後の人生にとって生徒のマイナスにはならないだろうという読みが保護者側にあるのも一因です。
受講生側が少ないために学生側にとっても質問がしやすいというメリットがある点と、その他塾などの場合には競争相手がいないあるいは見えないために、ライバルがいないあるいは見えないということでやる気、モチベーションが下がってしまうことがあります。

その点、代々木などでの中学受験向け個別指導塾であれば、同じ状況下で学ぶ者同士で切磋琢磨していくことで、お互いいい影響を与えることにつながるということも十分あり得ます。

7-3.jpg

中学受験は国語の個別指導塾で

中高一貫教育に魅力を感じる保護者が増えているので、代々木で中学受験の個別指導塾に通う小学校高学年の生徒が増えています。
特に大学付属でエスカレーター式で進学できる中高一貫校へのニーズが高いので、付属校向けの指導でも数多くの実績があるのが魅力的です。

そのために代々木の中学受験の個別指導塾では、有名大学の付属校向けの入試対策も行っているのです。
特に付属校の場合には入試問題がハイレベルなだけではなくて、主題傾向にも癖があるのが特徴的です。
そこで中学受験指導を担当している講師は、日ごろから入試問題の出題傾向を分析したうえで、個別指導塾に通う生徒一人一人に最適な指導を行っているのです。

このように代々木の個別指導塾では特に中学受験へのニーズが強いので、ベテラン講師が数多く集まっている点にも特徴があるのです。
そしてベテラン講師の指導を最大限に活用するためには、学習内容でわからない点を積極的に質問するのがポイントです。
また教えてもらった内容をしっかりとノートに整理することで、家庭学習でも役立てることができます。そのために中学受験を進める上では、ノートの書き方と活用方法も教えてもらうのがとても重要だといえます。

7-1.jpg

中学受験は国語の個別指導塾で